2012年 11月 04日 ( 1 )

メモ

私は、自分が障がい者だからと言う傷の舐め合い的なモノではなくて
不自由な生活をしなくてはならなくなったインコさんのために、何か作りたいです。
ペローシスの子が自立できるような止まり木とか
何か、そういうようなもの。

そういうことにならなくするための対策はよく見掛けるのですが、なってしまった子たちのその後。
生きようと必死な子たちに、健全な子並みとは行かないけれど満足の行く生活を送って欲しいし、気持ち良さそうなお顔が見たい。
幸せかどうかなんてこの子達が考えているかは分からないけれど、いっぱい動いて満足した顔で夜は眠ってもらいたい。

バードモアにあるおかめほんぽさんの止まり木なんて、ペローシスになってしまった子にもしかしたらはじめて止まれる止まり木になるかもしれません。
ぴっぴのおうちさんのところのちょこんバーSも役に立つ気がします。

いつかできることなら
こういう子たちの居場所を作ってあげたいです。
人間の優しさも知ってもらいたいし、愛をもっと教えてもらいたいです。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

[PR]
by kotorikoisi | 2012-11-04 00:45 | インコさんとせいかつ

インコさんと一緒にアニマルセラピーをやろうね、って目標にしています。脳に障害があっても、私はゆっくり成長しているみたいです


by リネオラ